×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

競馬必勝情報

トータルプラス理論

トータルプラス理論とは全てのレースに勝とうとするのではなく
負け続けても1レースでも勝てばプラス利益になるという理論です。
はっきり言って当たり前のことです。
しかし、それが数万円で売られているんです。
それでは早速その方法をお教えしましょう。
わかりやすいようここでは初期投資100円で説明します。


1.単勝2.1倍以上の1番人気の馬に100円賭ける。
(1番人気が2.0倍以下の場合は2番人気)
つまり、単勝2.1倍以上で一番人気がある馬の単勝を購入してください。
(以後単勝2.1倍で説明)

2.勝てばまた次のレースで1.と同じようにしてください。
負けた場合前回の負け分+今回の賭け金をプラス利益になるように賭けます。
単勝2.1倍でプラス利益になるためには今回の賭け金は100円ですね。
わかりますか?

前回100円+今回100円=200円。今回100円の馬券で勝ったら
100円*2.1=210円
210−200=10円の利益になりますね。

3.それでは2回連続で負けた場合次は何円賭ければよいでしょうか?
100円を賭ければ前回までの分200円とあわせて300円分
プラス利益にしなくてはなりません。
しかし、今回100円の馬券で勝ったら
100円*2.1=210円
210円−300円=−90円になります。
では、幾ら賭ければいいのか?
200円賭ければいいのです。
前回まで200円+今回200円=400円をプラス利益にします。
200円の馬券を買えば、
200円*2.1=420円
420円−400円=20円の利益。
あとはこれを続けていくだけです。

4.ここでは、なぜ2.1倍以上なのかをご説明します。
わかってる方もいるでしょうが、1回負けて200円分を取り返し、
さらに利益を生むには
100円*2.0=200円
200円−200円=0円
で利益は生まれませんね。
だから、2.1倍以上でなくてはならないのです。

5.最後に本当に儲かるの?ということにお答えします。
この答えはオークションの説明にも書きましたが、
確率統計論で2.1倍以上で一番人気のある馬が
高い確率で1着になることがわかっています。
わたくしは2.1倍で説明いたしましたが
実際は3倍や5倍以上で当たることがあります。
それが当たれば回収率が120%以上にもなるでしょう。
新聞や雑誌のレース結果を見てお確かめください。

2 単勝・複勝・枠連・馬連・ワイド・馬単・三連複全対応version
このversionはある程度実力のある方はやれば儲かります。
実力というのは本命党なら的中率30%、穴党なら10%ぐらいはほしいです。
まあ、無ければやめてくれとはいいませんが、
もう少し実力をつけるよう研究したほうが良いでしょう。
ここでは、月3万円競馬に投資できる方をモデルとして説明します。

1.まず、初期投資ですが、最初は3万円の1/10の3千円とします。
これが基準単位です。
人気だろうが、大穴だろうが、3000円です。
馬連の場合でも何点買っても合計3000円です。
ただし、的中してマイナスというのは避けます。
1.1倍の複勝は良いけど、1.0倍はダメです。

2.的中したら次に賭ける金額は3000円です。1.に戻ってください。
不的中だった場合、前回の3000円と
今回賭ける分を的中したとき返ってくるように賭けます。
分かりやすいように単勝で説明します。
ここで先ほどと違うところは1.5倍以下のときは見送ります。
3000円の2倍6000円を賭けても
前回の外れで負けた分が取り返せないからです。
1.6〜2.0倍のときは6000円賭けます。
2.1倍以上のときは3000円賭けます。
そうすれば、プラスになります。

3.馬連、馬単、三連複のときも同じで、何点賭けても
最低配当でプラスになるようにしてください。

私のG1成績で具体的に表わします。

高松宮記念
◎17アグネスソニック
17−18(1000*37.7)
15−17(1000*167.5)
1−17(1000*85.5)
結果はずれ。

次は3000+今回分+利益になるようにする。

桜花賞
◎9スティルインラブ
1−9 (500*36.3)
9−14(1000*8.8)
8−9 (500*29.4)
7−9 (1000*7.4)
結果はずれ

ここで私の購入方法を見ていただきたい。
私は、1番自信のある1−9よりも押さえの7−9のほうが高く賭けています。
それは7−9に500円賭けた場合500*7.4=3700円
前回まで負け分3000円+今回3000円=6000円
3700−6000=−2300円になってしまいます。
1−9が1000円で当たれば確かに高額な払い戻しになりますが、
他が当たれば当たってもマイナスになることがあるんです。

皐月賞
◎3ネオユニバース
○6サクラプレジデント
3−6(3000*8.2)
結果的中
払い戻し24600円
24600−9000=15600円の利益。

勝ったので次は、普通に賭けます。

天皇賞(春)
◎14サンライズジェガー
12−14(1000*25.4)
1−14(500*96.0)
5−14(500*105.7)
14−16(500*144.3)
11−14(500*164.9)
結果11−14的中
払い戻し82450円
82450−3000=79450円の利益

NHKマイルカップ
◎3エイシンツルギザン
3−11(1000*35.1)
3−18(1000*135.1)
3−12(500*28.2)
2−3 (500*27.4)
結果はずれ

次は3000円+今回分+利益になるように賭けます。

オークス
◎2アドマイヤグルーヴ
2−6 (500*12.7)
2−9 (500*161.7)
1−2 (300*40.8)
2−17(200*85.0)
2−3 (1500*4.4)
結果はずれ

今回も桜花賞同様自信のある他の馬券よりも
抑えの2−3に一番多く賭けました。
このように賭けていけば必ずプラス収支になります。

合計6戦2勝
18000円の投資で
95050円の払い戻し。
回収率528%

今年は万場券も的中して好調なため、私の戦績では分かりづらいかもしれませんが
桜花賞やオークスの賭け方を見ていただければわかると思います。
ちなみに私はG1とそのほかのレースを分けてやっています。
買い方はすべて馬連です。また、今年は全レース投資金3000円です。

4.このversionの特徴は好きなように賭けれて
かつトータルプラスになるということです。
これなら万馬券が狙いたい人も使えますね。
また、単勝だけの場合と違い軍資金を決める事ができます。

5.最後に注意です。
自信があっても大金を賭けない。
負けた次でも前回の2倍より金額を多く賭けない。
そうすれば、この理論を実行することによってレース数を絞るようになって、
自信のあるレースしか賭けられなくなって的中率はきっと上がるでしょう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−